フォトウェディングをより華やかにするおすすめ小物について解説!

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/03/03

写真だけで結婚式をするフォトウェディングが注目されています。フォトウェディングでは、スタジオ撮影やロケーション撮影がありますが、より雰囲気を出すためにさまざまな小物を取り入れることが多いです。ここでは、フォトウェディングを華やかにする小物をまとめておきます。

フォトウェディングに撮影小物を取り入れるメリット・デメリット

フォトウェディングを華やかにしてくれる小物ですが、小物を取り入れることは、メリットもあればデメリットもあります。それぞれ確認しておきましょう。

小物を取り入れるメリット

写真がワンパターンにならない

小物を取り入れることで、写真のワンパターン化を防げます。同じ場所で角度やポーズを変えて撮影するだけでは、同じような写真になってしまいがちです。そこに小物を取り入れることで雰囲気を変えることができます。さまざまな写真を撮影したいなら小物を使いましょう。

緊張が和らぐ

小物を持つことで、緊張を和らげる効果も期待できます。自然と笑顔になれる、より楽しく撮影できるというようなメリットがあるでしょう。ふたりの思い出の品や共通する趣味のアイテムなどを取り入れるとより楽しく撮影できるのではないでしょうか。

よりイメージに近い写真を撮影できる

フォトウェディングをした方々の写真を参考にするのもおすすめです。小物を使ってフォトウェディングをしている写真の中に、自分達が撮影してみたいと感じる写真がある場合、同じようにしてみることでイメージに近い写真を残せます。

小物を取り入れるデメリット

準備するのが大変

フォトウェディングで小物を取り入れたいという場合、スタジオで用意されている小物だけでは物足りないと感じることもあるでしょう。そのような場合、自分達で用意しなければいけません。購入したり、手作りしたり、小物を用意するためには時間も費用もかかります。

持ち込みができない場合もある

フォトスタジオによっては、持ち込み可能な小物に制限がある場合もあります。これは事前に確認しておく必要があるでしょう。また、事前にスタジオで借りることができる小物がどれくらいあるのか確認する必要もあります。無料で借りることができるかも確認しましょう。

撮影に時間がかかる可能性も

小物を取り入れることで、撮影の際に時間がかかってしまうことがあります。その場合、優先順位を考えて撮影することになります。この小物は必ず使いたいなど、決めておいてください。

フォトウェディングにおすすめの撮影小物

フォトウェディングでは、どのような小物を取り入れるとよいのでしょうか。ここではおすすめの撮影小物についてまとめておきます。

よく使われている小物は?

フォトウェディングでよく使われている小物は、イニシャルのオブジェやガーランド、赤い糸、フォトプロップス、指輪などです。定番アイテムとなっていて、フォトスタジオで貸し出ししてくれることも多いです。よりオリジナルの小物を用意したいなら、持ち込みができるか確認したうえで手作りしてもよいでしょう。

ロケーション撮影で使われる小物は?

ロケーション撮影では、ビーチや神社での撮影が人気です。これらの場所でしか使えない小物もあります。たとえば、神社の場合はお守りや絵馬などを用意して撮影するのが人気ですし、ビーチでは、バルーンやビーチサンダル、サングラスなどを用意して撮影するのが人気です。その場所をイメージできる小物を用意してみてください。

フォトウェディングに衣装小物を取り入れるメリット・デメリット

フォトウェディングでは、衣装小物も欠かせません。衣装小物を取り入れることで、より華やかな雰囲気にできます。衣装小物を取り入れるメリットとデメリットをまとめておきます。

衣装小物を取り入れるメリット

衣装小物を取り入れることで、より華やかに見せることができます。個性も出すことができるので、より自分らしさを出すことができるでしょう。新郎新婦の魅力も引き出せるアイテムです。

衣装小物を取り入れるデメリット

衣装小物を取り入れる場合、事前の打ち合わせが必要になります。衣装に合うものを選ぶ必要があるため、コーディネーターやヘアメイクアップアーティストへの相談が欠かせません。そして自分たちで用意しなければならない場合は費用もかかります。選ぶアイテムを間違えてしまうと、バランスが悪くなってしまうのでよく相談して決めましょう。

フォトウェディングにおすすめの衣装小物

フォトウェディングにおすすめの衣装小物には下記のようなモノがあります。

洋装の場合

新郎の場合は、カフスやネクタイ、ポケットチーフ、帽子などが利用されています。新婦はベールやアクセサリー、ヘッドアクセサリーなどがあります。

和装の場合

新郎の場合は、扇子や足袋、草履、羽織袴などがあり、新婦は綿帽子や角隠し、かんざし、髪飾りなどが利用されています。和装は普段使わない小物が多いため、スタイリストさんとよく相談するのがよいでしょう。

 

福岡のフォトスタジオでは、フォトウェディングで使える小物が用意されています。小物を取り入れることで、より華やかな写真や理想とする写真を撮ることができます。まずはどのような写真を残したいのかしっかりイメージしてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

コロナ禍で利用者が増えたフォトウェディング。通常の結婚式を挙げるよりも費用も抑えられるため、最近では人気の高いスタイルです。そんなフォトウェディングですが、事前にエステは受けたほうがいいのか

続きを読む

ウェディングは新婦が主役だから、新郎の衣装は重要ではないと感じる方もいるかもしれません。しかし、新郎の衣装にもさまざまなスタイルがあり、衣装選びのコツもあります。そこで今回の記事では、フォト

続きを読む

挙式の予定はないけれど結婚した記念を形に残したい人に人気なのがフォトウェディングです。本当の結婚式と同様、ウェディングドレスを着て撮影するときに気になるのがヘアスタイルではないでしょうか。髪

続きを読む

挙式当日のヘアスタイルは、かなり前からヘアメイク担当者と打ち合わせをしたりリハーサルも行ったりします。しかし、フォトウェディングではそのような事前の準備がなく当日決めることが多いです。自分で

続きを読む

フォトウェディングの写真は、アルバムにして大切に保管しておくだけではもったいないです。ロケーション撮影の場所選びやドレス、ヘアスタイルにこだわって撮影したとっておきの写真だからこそ、ほかの人

続きを読む

福岡の海で、フォトウェディングができるスポットはどこでしょうか?福岡は北側が海に面している県です。そのため海の人気スポットがいくつもあります。では、フォトウェディングの撮影にぴったりの海のス

続きを読む

神社やお寺でフォトウェディングはできるのでしょうか?神社やお寺というと、神聖な場所です。そうなると、気軽には撮影がしづらい雰囲気があります。ただし、新婚の2人にとってはできれば記念の1枚を撮

続きを読む

ペットは楽しいときやつらいときを一緒に過ごした大切な家族です。ペットと一緒にフォトウェディングしたい、と考える方は多いのではないでしょうか。この記事では、スタジオの選び方、ペットと楽しく素敵

続きを読む

写真撮影で結婚の記念を残すフォトウェディング。大切な一日なので両親を招待したいと考えている人もいるでしょう。最近では、両親が一緒に参加できるプランが用意されたフォトスタジオも少なくありません

続きを読む

タトゥーや傷痕があっても普段は洋服などで目立たないのであまり気にならないかもしれません。しかしウェディングドレスは肌を露出するため、どうやって隠したらよいか悩む人もいると思います。この記事で

続きを読む