神社やお寺でフォトウェディングはできる?気をつけたいマナーとは?

公開日:2022/11/15   最終更新日:2022/12/15

神社やお寺でフォトウェディングはできるのでしょうか?神社やお寺というと、神聖な場所です。そうなると、気軽には撮影がしづらい雰囲気があります。ただし、新婚の2人にとってはできれば記念の1枚を撮りたいところです。今回は、神社やお寺でフォトウェディングはできるのかについてご紹介します。

神社やお寺での撮影は可能?

神社やお寺での撮影は可能なのでしょうか?神社やお寺は、写真撮影がしにくいイメージがある場所です。実際、どうなのでしょうか。こちらでは、神社やお寺での撮影は可能なのかについて詳しくご紹介します。

神社やお寺での撮影は可能なのか?禁止なのか?

神社やお寺での撮影は可能なのでしょうか?それとも禁止なのでしょうか?結論からいうと、撮影は可能です。基本的に、個人での鑑賞用・記念用の撮影であれば問題はありません。撮影許可を取る必要もありません。また、フォトウェディングに関しては許可をとれば可能なところもあります。ただし、神社やお寺によっては撮影が禁止となるところもあります。

神社やお寺で撮影が可能なもの

一般的に、神社やお寺で撮影が可能なものをご紹介します。①神社やお寺内にある庭園②神社やお寺の外観③神社やお寺の鳥居・門④神社やお寺内にある複製品⑤神社やお寺内においての撮影者の親族・知り合いなどです。ただし、神社やお寺によっては撮影が禁止なものもあります。

神社やお寺で撮影が禁止なもの

一般的に、神社やお寺で撮影が禁止なものをご紹介します。①神社やお寺内にあるご神体・仏像②神主さん・お坊さん・そのほか神社やお寺で働いている人③神殿・本堂の内部④絵画・彫刻・調度品・そのほか⑤ご神馬⑥参拝客の写真・絵馬に書かれている情報⑦神社やお寺で撮影が禁止にされているもの⑧常識的に、神社やお寺からの撮影の許可が必要なものの8つです。

神社やお寺で撮影するときに気をつけたいマナー

神社やお寺で撮影するとき、どんなマナーに気を付けたほうがよいのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

気になったときには撮影する前には許可をとる

マナーの1つ目は、気になったときには撮影する前には許可をとることです。基本的に、上記の「神社やお寺で撮影が禁止なもの」以外であれば、自由に撮影できます。ただし、撮影したときに何が写り込むかは分かりません。もしちょっとでも気になったときは、必ず撮影する前には許可をとることをおすすめします。

神仏への敬いの気持ちを持って撮影する

マナーの2つ目は、神仏への敬(うやま)いの気持ちを持って撮影することです。神仏への敬いとは、神仏を尊敬して、礼儀を尽くすという意味です。神社やお寺は、神様や仏様がいる神聖な場所と思って、敬いの気持ちを持って撮影をしましょう。

参拝客に配慮する

マナーの3つ目は、参拝客に配慮することです。一般的に、神社やお寺へ来られる参拝客は、神仏への感謝やお願いごとをしに来ています。大半の方たちは、心穏やかな気持ちです。近くで写真撮影をすることで、不快な気持ちになる方もいます。写真撮影をするときは、参拝客の気持ちを乱さないように配慮しましょう。

福岡県でフォトウェディングの撮影ができる神社やお寺

福岡県には、ロケーションが抜群の神社やお寺がたくさんあります。神社やお寺の中には、フォトウェディングの撮影におすすめの場所もあります。では、福岡県でフォトウェディングの撮影ができる神社やお寺は一体どこでしょうか。こちらで詳しくご紹介します。

竈門神社(かまどじんじゃ)

1つ目は、竈門神社です。竈門神社では、フォトウェディングの撮影が可能です。春は桜、秋はもみじをバックに撮影ができます。また竈門神社は縁結びの神様です。そのため神前結婚式を挙げることができます。住所は、福岡県太宰府市にあります。

呑山観音寺(のみやまかんのんじ)

2つ目は、呑山観音寺です。呑山観音寺では、フォトウェディングの撮影が可能です。春は桜・こぶし、夏はあじさい、秋はもみじ、冬は雪景色をバックに撮影ができます。呑山観音寺では、仏前結婚式を挙げることができます。住所は、福岡県糟屋郡篠栗町にあります。

紅葉八幡宮(もみじはちまんぐう)

3つ目は、紅葉八幡宮です。紅葉八幡宮では、フォトウェディングの撮影が可能です。おすすめは紅葉山公園といわれている境内にあるもみじです。真っ赤に色づいたもみじをバックに撮影ができます。住所は、福岡県福岡市早良区にあります。

雷山千如寺(らいざんせんにょじ)

4つ目は、雷山千如寺です。雷山千如寺では、フォトウェディングの撮影が可能です。おすすめは境内にあるおよそ200本のもみじです。フォトウェディングの撮影にはぴったりのロケーションを提供できます。ただし結婚式・各種ロケーション撮影は、事前申請が必要で、期日が決まっているのでご注意ください。住所は、福岡県糸島市にあります。

まとめ

今回は、神社やお寺でフォトウェディングはできるのかについてご紹介しました。神社やお寺でのフォトウェディングに関しては、可能なところもあり、禁止なところもあります。実際、神社やお寺次第で異なります。

ただし、中には積極的にロケーションを提供している神社やお寺もあります。そちらを利用することで、2人の記念になる1枚を撮影できます。本記事が、神社やお寺でフォトウェディングはできるのかについて知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

骨格ストレートの花嫁は、独自の美しさを引き立てる適切なウェディングドレス選びが重要です。この記事では、骨格ストレートの特徴や似合うドレスに焦点を当て、上半身のボリュームやシンプルなデザインの

続きを読む

結婚は人生で最も特別な瞬間のひとつです。記念すべき瞬間を写真に収めるためには、季節の選択が重要です。本記事では、フォトウェディングに最適な季節の選び方、季節ごとのメリットと注意点、計画時の重

続きを読む

結婚の記念に残るフォトウェディングは、ただ写真を撮るだけでなく、四季の移り変わりとともに異なる背景を楽しめる点にあります。本記事では、季節ごとのフォトウェディングの特徴、予約のコツ、天候に左

続きを読む

結婚式の新たな形態として注目を集めるフォトウェディングは、コロナ禍の影響もあり、多くのカップルに選ばれています。本記事では、フォトウェディングのシンプルかつ特別な魅力と、理想のスタジオ選びの

続きを読む

フォトウェディングは新郎新婦の二人だけの特別な日と考えられがちですが、友人を招待し、共に楽しむスタイルが注目されています。結婚式の代わりに行う写真撮影の日に、友人たちと一緒に素敵な思い出を作

続きを読む

結婚式の新しい形であるフォトウェディングは、ただ新郎新婦だけでなく、大切な家族や両親も一緒に過ごすことで、より深い絆を築き、感動的な思い出を残すことができます。本記事では、ファミリーフォトウ

続きを読む

結婚写真は人生の特別な瞬間を刻むものです。この大切な日には、花嫁をより魅力的に見せるアクセサリーの選択が重要です。この記事では、フォトウェディング用の花嫁アクセサリーの選び方、レンタルや購入

続きを読む

近年、結婚するふたりに人気のフォトウェディング。実は写真だけではなくロケーション撮影で動いている姿を残したり、ドローンで上空から撮影する、フォトウェディング動画を撮影する人が増えています。こ

続きを読む

結婚式をしたいけど費用が気になる人や、写真だけでも残したいという人にとくに人気のフォトウェディング。支度から撮影までしっかりと準備をして、人生で最高の瞬間を形に残すことができます。実際にどれ

続きを読む

最近では、挙式や披露宴をせずに入籍の手続きだけする「ナシ婚」を選択するカップルが増えています。しかし、結婚するときには結婚式を挙げるものと考えている親も多く、挙式や披露宴がないことに納得でき

続きを読む