雨天時のフォトウェディングを成功に導くために知っておくべき点!

公開日:2022/02/15   最終更新日:2022/03/03

フォトウェディングをロケーション撮影で行う際に気になるのは、当日の天候ではないでしょうか。ロケーション場所やポージングなどは事前に計画を立てられますが、天候がよいかは撮影日が近づくまで予想はできません。こちらの記事では、雨天時のフォトウェディングを成功に導くために、事前の準備や注意するべきポイントについてご紹介します。

フォトウェディング当日に雨が降っても慌てないための事前準備

ロケーション撮影は、天候に恵まれた方がよいですが、雨天時のことも考えて準備しておくと、当日に雨が降っても慌てずにすみます。以下のポイントを確認しておきましょう。

雨が降った場合のスケジュール

「当日に雨が降ったら撮影はどうなるの?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。実際には、少しくらいの雨ならば、撮影を決行する場合が多いようです。しかし、撮影ができないほどの雨が降ってしまうと、撮影キャンセル、または延期になり、撮影スタジオによって対応は異なります。

雨のせいで撮影を延期する場合は、再度日程を調整して撮影する場合が多いようです。撮影を延期するのではなく、キャンセルする場合は、キャンセル料が発生することも。雨が降った場合の対応については、事前に撮影スタジオにしっかりと確認しておきましょう。

雨の影響がない撮影場所も考慮しておく

ロケーション撮影の場所を決める際には、雨が降った場合に影響がない場所も考えておきましょう。たとえば、日本庭園で撮影する予定だった場合、茶室などの室内での撮影もスケジュールに入れておくのがおすすめです。屋内と屋外のバランスも考えておくと、雨が降った場合も安心です。

雨天時にフォトウェディングを行う上で注意するべきポイント

雨天時には、晴れの日とは異なるケースが多くあります。続いては、雨天時のフォトウェディングで注意するべきポイントをご紹介します。

髪型やメイクが崩れやすくなる

雨の日は、湿気があるのでどうしても髪型が崩れやすくなってしまいます。とくに、髪の毛をおろすスタイルにする場合には、広がりやすくなったり、うねりが気になったりすることも。

また、メイクも雨や湿気で落ちやすくなるので、注意が必要です。プロのヘアメイクの方がメイクをしてくれる場合、雨天時のメイク方法なども知っているので、お任せしておけばよいでしょう。しかし、メイクを自分で行う場合は、雨でも落ちにくいメイクを心掛ける必要があります。

洋装は雨天時の室外撮影は難しい

洋装の場合は、ドレスの裾が長い場合がほとんどです。したがって、雨が降ると、ドレスの裾が地面について汚れてしまうので、屋外での撮影は難しいでしょう。撮影日を改めるか、ロケーション撮影を諦めて、屋内での撮影に変更する必要があります。

和装の場合は、裾が地面につかないように着付けをしてくれるので、雨天時でもロケーション撮影が可能な場合が多いです。和傘を使用して、撮影を行うことも可能でしょう。

雨天時だからこそ撮れる一枚も!

せっかくのフォトウェディングの日に雨が降ってしまうと、テンションが下がってしまうこともあるでしょう。しかし、雨の日だからこそ撮れる写真もあります。フォトウェディングの当日に、もしも雨が降ってしまったら、気分切り替えて、特別な写真を撮ってみましょう!

傘を使った写真に挑戦する

「傘」は雨の日の撮影に最適な小道具です。相合傘をして寄り添うような構図や、衣装に合う色味の傘でコーディネートをしましょう。また、和装を着用する時には、和傘で落ち着いた雰囲気の写真が撮影できます。

雨粒を利用して

雨粒は、写真におさめると、とても神秘的に映ります。また、光が反射するとキラッと輝いて、その雨粒を背景にすると、とても素敵な写真が撮れるでしょう。

雨があがった後に撮影

撮影が終わるまでに雨が上がったら、雨あがりの中で写真を撮るのもよいでしょう。水たまりや、桜に残った雨のしずくなどを活用するのもおすすめです。運が良ければ、雨あがりの虹を背景に撮影できるチャンスもあるかもしれません。

このように、雨天時だからこそ、他のフォトウェディングとは少し違う、二人だけの特別な写真が撮れるチャンスでもあります。カメラマンやスタッフと相談しながら、雨を活かした写真が撮影できるとよいですね。

 

フォトウェディングの撮影当日に雨が降っても、雨が降った場合にどのように対応すればよいのかを知っておけば、慌てる必要はありません。雨の中で撮影するのをどうしても避けたい場合は、スケジュールの延期も可能です。ただし、別途で料金がかかる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

また、雨の日には、傘を使用して撮影するなど、雨天時ならではの写真撮影もできます。これからフォトウェディングをお考えの方は、こちらの記事を参考にして、雨天時のケースも想定しておくことをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

フォトウェディングを行う時期には、どの季節にもそれぞれメリットとデメリットがあります。「夏は暑いから避けた方がよいかな?」と考える人も多いと思いますが、夏のフォトウェディングはメリットも多い

続きを読む

リーズナブルな価格で素敵な写真を残せるフォトウェディングは、近年注目されています。フォトウェディングでは、洋装と和装を選ぶことができますが、どちらも撮影したいと希望するカップルも多いです。こ

続きを読む

フォトウェディングをロケーション撮影で行う際に気になるのは、当日の天候ではないでしょうか。ロケーション場所やポージングなどは事前に計画を立てられますが、天候がよいかは撮影日が近づくまで予想は

続きを読む

フォトウェディングを行いたいと思っている新婦さんは、どのような衣装を着ようか悩んでいると思います。フォトウェディングでの定番は、純白のウェディングドレスですが、衣装は数着選べるので、それ以外

続きを読む

フォトウェディングは夫婦だけで撮影するイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、子どもがいる方でも、子どもと一緒に素敵なフォトウェディングを行うことができます。こちらの記事では、フ

続きを読む

ひとつの結婚式の形として、選ばれるケースも多くなったフォトウェディング。フォトウェディングについて何となくわかるけれど、実際はどのように行うのか知らない方も多いのではないでしょうか。こちらの

続きを読む

フォトウェディングと聞くと、新郎新婦のふたりだけで撮影するというイメージがあるかもしれません。しかし、フォトウェディングでは、家族と一緒に撮影できるプランもあります。ここでは、家族と一緒に撮

続きを読む

写真だけで結婚式をするフォトウェディングが注目されています。フォトウェディングでは、スタジオ撮影やロケーション撮影がありますが、より雰囲気を出すためにさまざまな小物を取り入れることが多いです

続きを読む

フォトウェディングは、「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」があります。ロケーション撮影は、外に出て撮影を行うのですが、利点とリスクがそれぞれあります。こちらの記事では、ロケーション撮影の利

続きを読む

フォトウェディングをするなら、洋装も和装もどちらもやってみたいと考えている新郎新婦もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、洋装と違って、和装はどのような種類の衣装を選べばよいのか、難しい

続きを読む