フォトウェディングにかかる費用はどれくらい?大まかな相場を確認!

公開日:2022/01/01   最終更新日:2022/01/14

結婚式を挙げる、挙げないに関わらずウェディング姿の写真を残すカップルは多いですよね。そこで一番に気になることは「費用」ではないでしょうか。今回、フォトウェディングにおける代表的なスタジオ撮影とロケーション撮影についての相場を説明します。お二人の中にある費用面についての不安を払拭して楽しいフォトウェディングにしましょう。

スタジオ撮影にかかる費用の目安

スタジオ撮影とはフォトスタジオの建物内のみで撮影することです。衣装によってプランはわかれていますが、洋装プランは約3〜8万、和装プランが約4〜10万、洋装と和装プランが約6〜10万です。想定されるオプション費用も含むと、スタジオ撮影は10万〜15万円程度が相場です。

基本プランに含まれているものは撮影料、新郎新婦の衣装、アクセサリーや小物一式、ヘアメイク、着付け、スタジオの設備代、決まった数の写真やデータ代です。アルバムや全カット分の写真データはオプションとして組み込まれることがあります。

洋装1着とスタジオ撮影のセットが最も安くフォトウェディングを残す方法です。費用をなるべくかけずに撮影したいというカップルにはぴったりのプランではないでしょうか。

格安プランで宣伝するフォトウェディングの中には、契約後店舗へ行くと衣装数やカット数が極端に少なく、オプションを付けざる得ないプランもありますので値段を鵜呑みにせず内容把握をしましょう。

ロケーション撮影にかかる費用の目安

ロケーション撮影とは屋外で撮影することです。ロケーション撮影は15〜20万円程度が相場でスタジオ撮影よりも高くなる傾向があります。写真のクオリティ面が求められ、屋外での撮影になるので手間がかかるからです。

基本プランに含まれているものは撮影料、新郎新婦の衣装、アクセサリーや小物一式、ヘアメイク、着付け、決まった数の写真やデータ代、移動費・出張料が含まれます。ロケーション撮影では新郎新婦の動いている瞬間に合わせて連続してシャッターを切っていくので、スタジオ撮影に比べて自然と写真の枚数が多くなることも費用面が高くなる理由の一つです。

金額は高くなりますが、自分たちの好きな場所や時間帯を選ぶことができ開放的なロケーションや季節感を出した写真が撮れるので、シチュエーションにこだわりたいカップルにはぴったりです。思い出の地で写真を撮るとなると自然と笑みもこぼれやすくなりますよね。

屋外のため天候に左右されることが多く、雨が降る季節を希望している場合は延長料金がかかることがあります。その際の金額を確認して見積もりに含んでおくと予算を立てやすくなります。

こんな場合は追加料金が発生する可能性も!

追加費用が発生する4つのパターンを紹介します。

1つ目は写真の追加です。カット数はプランごとに決まっていて、枚数を超えると追加料金になります。基本プランは安く見えても後々追加すると費用が高くなります。全データ購入やアルバム購入を考えているのなら最初からすべて込みのプランにしましょう。

2つ目は衣装のグレードアップです。プラン内で着用できる衣装の数や種類は決まっているため、ドレスのグレードアップや和装での撮影も希望すると追加料金が発生します。ブーケやアクセサリーの変更でも追加料金が発生することがあります。プラン内でイメージに合った衣装を着用できるかあらかじめ確認しましょう。

3つ目は土日祝日の日程料金です。結婚式や披露宴が少ない平日を利用してカメラマンや衣装を手配するため、土日祝日は基本料金に割り増しされることが多いようです。

4つ目はロケーション撮影の移動費や撮影場所の入場料金です。ロケ地によっては会場使用料がかかるケースやロケ地までの移動が自己負担になります。基本料金が安くても細かい部分で予想外に高額になることも。プランに含まれる内容の最終チェックは必ず行いましょう。

フォトウェディングにかかる費用を相場以下に抑えるためには?

ポイントをおさえると節約効果がある6つの方法を紹介します。

1つ目は衣装数を少なくすることです。ドレスは1着にし、和装プランは選びません。和装は着付けに手間がかかるため割高になる傾向があります。

2つ目は小物を自前にすることです。小物やアクセサリーを自作するとオリジナリティを出しつつ費用面もお得にできます。スタジオによっては持ち込み料がかかるので注意しましょう。

3つ目は平日に撮影を行うことです。土日に比べて安く撮影できるケースが多いので、新郎新婦のスケジュール調整をし、平日の休暇をとるのも手段です。

4つ目はスタジオ撮影にすることです。ロケーション撮影に比べて安く、雨天に左右されることもないので延長料金の心配もなく見積り通りに進められます。

5つ目は先着順や割引キャンペーンの利用です。独自のキャンペーンや割引がある場合、利用できるとお得です。

6つ目はデータのみ購入しアルバムは自作することです。プリントショップなどで簡単にフォトブックを作れる時代です。データがあればいつでも見ることや印刷ができるので困ることはあまりありません。

これらのいくつかを組み合わせれば費用を節約できます。

 

フォトウェディングは結婚式を行うより費用を抑えて思い出を作ることができる方法です。スタジオ撮影は10万前後、ロケーション撮影は15万前後を目安にお二人にとって最適なフォトウェディングプランを探して見てください。

費用をかけてもこだわりたいポイントと、希望を抑えても後悔しないポイントを明確にし、メリハリをつけて選択すれば金額面も仕上がり面も満足いく記念の写真を残すことができるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

骨格ストレートの花嫁は、独自の美しさを引き立てる適切なウェディングドレス選びが重要です。この記事では、骨格ストレートの特徴や似合うドレスに焦点を当て、上半身のボリュームやシンプルなデザインの

続きを読む

結婚は人生で最も特別な瞬間のひとつです。記念すべき瞬間を写真に収めるためには、季節の選択が重要です。本記事では、フォトウェディングに最適な季節の選び方、季節ごとのメリットと注意点、計画時の重

続きを読む

結婚の記念に残るフォトウェディングは、ただ写真を撮るだけでなく、四季の移り変わりとともに異なる背景を楽しめる点にあります。本記事では、季節ごとのフォトウェディングの特徴、予約のコツ、天候に左

続きを読む

結婚式の新たな形態として注目を集めるフォトウェディングは、コロナ禍の影響もあり、多くのカップルに選ばれています。本記事では、フォトウェディングのシンプルかつ特別な魅力と、理想のスタジオ選びの

続きを読む

フォトウェディングは新郎新婦の二人だけの特別な日と考えられがちですが、友人を招待し、共に楽しむスタイルが注目されています。結婚式の代わりに行う写真撮影の日に、友人たちと一緒に素敵な思い出を作

続きを読む

結婚式の新しい形であるフォトウェディングは、ただ新郎新婦だけでなく、大切な家族や両親も一緒に過ごすことで、より深い絆を築き、感動的な思い出を残すことができます。本記事では、ファミリーフォトウ

続きを読む

結婚写真は人生の特別な瞬間を刻むものです。この大切な日には、花嫁をより魅力的に見せるアクセサリーの選択が重要です。この記事では、フォトウェディング用の花嫁アクセサリーの選び方、レンタルや購入

続きを読む

近年、結婚するふたりに人気のフォトウェディング。実は写真だけではなくロケーション撮影で動いている姿を残したり、ドローンで上空から撮影する、フォトウェディング動画を撮影する人が増えています。こ

続きを読む

結婚式をしたいけど費用が気になる人や、写真だけでも残したいという人にとくに人気のフォトウェディング。支度から撮影までしっかりと準備をして、人生で最高の瞬間を形に残すことができます。実際にどれ

続きを読む

最近では、挙式や披露宴をせずに入籍の手続きだけする「ナシ婚」を選択するカップルが増えています。しかし、結婚するときには結婚式を挙げるものと考えている親も多く、挙式や披露宴がないことに納得でき

続きを読む